保湿成分のビタミンC誘導体について

保湿成分:ビタミンC誘導体

ビタミンCといえば、お肌の万能薬とさえ言われるほど安定した人気を誇る美容成分です。

美容に詳しい人たちの間では、ビタミンCをいかに有効活用するかの話題で盛り上がることもしばしば。。。

ではではその一方でビタミンCと並び耳にする機会が多い「ビタミンC誘導体」ですが、そもそも一般的なビタミンCとは何が違うのでしょう。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCが肌に染み込みやすくするために加工が加えられた成分です。

通常ビタミンCは外部から直接肌に取り入れようとしても、その不安定さから非常に浸透がしにくいのです。そこで役に立つのがビタミンC誘導体。

先にビタミンC誘導体を浸透させてその後に体内で酵素と合成させることで肌に吸収されやすい形のビタミンCが生成される、というメカニズム。

体内でビタミンCに変化するための材料、とでも言うべきでしょう。

つまりビタミンC誘導体は、ビタミンCが元々持っていた化粧品成分としてのデメリットを解消しメリットのみを残した成分なのです。

ビタミンC誘導体の素敵なチカラ

ビタミンC誘導体は、具体的には一体どのようなチカラを秘めているのでしょうか。

ビタミンCのメリットをそのまま引き継いでるビタミンC誘導体。

こんなにもたくさんのステキな特徴があるんです☆

  • 活性酸素を除去して肌の老化を防ぐ
  • 抗炎症作用があるためニキビにもアプローチ
  • メラニン色素の生成を抑えてシミ・そばかすにアプローチ
  • 肌のコラーゲンを増やしシワ・たるみに作用
  • 余計な皮脂の分泌を抑えるので、毛穴を目立たなくさせる

驚きですよね。。

老化、ニキビ、シミ、しわ、毛穴…と女子のお肌の悩みのほぼ全てと言っても過言でないくらいに全方位対応が可能なのです!(´∀`)

このように、まさしく万能なチカラを持っているビタミンC誘導体。

こんな良いところ取りな成分、上手に使わない手はないですよね。

更に最近では、ビタミンC誘導体を使ってハンドメイドの化粧水を作成する人もいるようです。

ビタミンC誘導体の粉末を濃度を約3%に設定し、綺麗な水に入れて混ぜるだけです。

ただし作りすぎると使い終わるまでに時間がかかり酸化してしまうので、毎回必要なだけ少量に調合することにしましょう。

それと、これはちょっとした工夫ですが、朝の洗顔後化粧を行う前にビタミンC誘導体を顔に浸透させてやると、肌の水分と脂分の調和が良くなりしっとりとした肌となるのでお化粧の乗りも良くなります(^^)

ビタミンC誘導体のステキな恩恵を余すことなく受けとるには、浸透性の高いお肌の奥深くまで届くビタミンC誘導体を選択することが大切です。

手作りも良いけれど、そんな時間もないしちょっと不安という方は、ビタミンC誘導体が配合されたコスメを上手に使って全方位アプローチもおすすめです。

当サイトスタッフ厳選のビタミンC誘導体が入ったおすすめ製品はコチラ!


PAGE TOP


PAGE TOP
c Menu